ニキビ跡 赤み

0
    JUGEMテーマ:ニキビ

    ニキビの跡にはいくつか種類がありますが、
    よくあるのが「赤く残ってしまった」というもの。

    この原因は、ニキビが出来て一度炎症などを起こすと、お肌を傷つけます。
    その傷ついてお肌を治そうと患部に毛細血管が増えて、それが赤く見える。
    これは軽度のもので、もう1つは、もう少し重症なやつです。
    ニキビによる炎症がお肌の表皮より下の真皮層まで及んでしまうことで、
    肌の中の血管が損傷を受けます。その傷により、血液が周辺部分に流出、
    この流れ出た血液中のヘモグロビンが変色して色素沈着をする。

    真皮層にまで及んだものは、ピーリングなど専門のケアが必要と言われいますが、
    比較的軽度の赤みは、平均して2〜3年程で消えてゆくことが多い様です。

    ただ次第に薄く目立たなくなってゆくとしても、2〜3年は長い・・xx
    なのでニキビは悪化させないことが一番ですね。
    正しい洗顔とスキンケアなどの自己ケアと必要に応じて、
    皮膚科やクリニックを利用するなど、とにかく早期の対応をおすすめします。


    ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen  
     
    posted by: nheart-1502 | ニキビ跡 治療 | 00:12 | comments(0) | - |

    ニキビ跡 色素沈着

    0
      JUGEMテーマ:ニキビ

      残ってしまったニキビの跡・・。嫌なものです。
      ニキビにより炎症を起して、赤らんでした肌が紫色や茶色になって
      残ってしまう。これが炎症性色素沈着と言われるもので、その重症度によって
      色も違い、大まかには2種類に分けられます。

      紫色のニキビ跡では、その色の原因はヘモグロビン。
      ニキビで炎症を起こしたお肌の内側で、血管がうっけつして、
      内出血をおこしてしまい、血液が放置され、
      血液中のヘモグロビンの色が残っている状態なんです。
      この場合には、肌の表皮部分での炎症なので、
      お肌のターンオーバーを整えることにより、お肌の自己修復力で、
      次第に改善をすることが可能と言われています。
      ビタミンC配合の化粧水などがそのケアに有効とされていますね。

      そして、もう1つのニキビ跡の茶色の場合はというと、
      原因は、メラニン。なので、シミやあざと似たこの茶色のニキビ跡は、
      紫色のニキビ跡が、紫外線などの刺激により更に悪化して、
      お肌の真皮層にまで色が定着してしまった状態。
      真皮層は、よりお肌の深部で、表皮の様にターンオーバーはしない層。
      そのため、お肌のターンオーバーでは、改善が難しいニキビ跡です。
      なので、治すには、自己ケアでは時間もかかり難しいので、
      専門のクリニックなどでケアしてもらうことが必要と言われています。



       
      posted by: nheart-1502 | ニキビ跡 治療 | 19:06 | comments(0) | - |

      ニキビ跡治療 レーザー

      0
        JUGEMテーマ:ニキビ

        お肌に残ってしまったニキビ跡、特にクレーターの様に凸凹になってしまっている・・
        こんなニキビ跡の場合には、なかなか自己ケアでは修復が難しもの。

        そんなクレータータイプのニキビ跡に有効なのが、
        皮膚科やクリニックで行っているレーザー治療。

        レーザー治療というのは、基本的には、お肌の内部にまで届くレーザーを照射して、
        皮膚内部の細胞を一度破壊・ダメージを負わせることで、体の再生機能を促す
        再生治療というものです。

        普通お肌は、自己再生「ターンオーバー」と言われる細胞の生まれ代わりがあり、
        お肌がダメージを受けても自己再生するものなのですが、
        このターンオーバーは、お肌の上部組織の表皮でしか起こりません。
        そのため、ニキビなどによる炎症等がひどくてお肌の内部組織にまでダメージが
        あった場合、このターンオーバーでは自己修復ができないということになります。

        なので、クレータータイプなどのニキビ跡が自己ケアでは直せない
        という理由がここにある訳ですね。

        そこでレーザー治療の場合には、表皮の下にある皮下組織や真皮にまでレーザーを送り
        お肌の深い部分からの自己修復をはかるという訳ですね。
        一般的にニキビ跡治療の為のレーザーと言われるのは、今は大まかに4つ程が主流の様。
         ・ 炭酸ガスレーザー
         ・ クールタッチレーザー
         ・ フレクセルレーザー
         ・ ブリッジセラピー

        それそれ特徴と施術後のケアなど、メリット・デメリットがあるので、
        もしレーザー治療を選ぶ場合には、よく検討が必要です。
         
        posted by: nheart-1502 | ニキビ跡 治療 | 22:24 | comments(0) | - |

        ニキビ跡 治療

        0

          ニキビの炎症などによって跡が残ってしまった場合、
          どうしたらキレイに治せるでしょうか? 治療法にはいくつかありますね。
          まずは、セルフケアで治す。
          これで治すことができれば一番いいのですが、
          ニキビ跡が軽傷なら完治が望めますが、深いニキビ跡の場合には難しい様です。

          いわゆるクレータータイプのニキビ跡の場合には、
          皮膚科やクリニックなどの専門家によるケアが必須となることを
          認識しておくべきでしょう。
          その専門の治療では、大まかに分けて、5つ。
           ・ レーザー治療
           ・ ピーリング治療
           ・ 患部注射治療
           ・ 光治療
           ・ 皮膚移植手術
          どの治療についても、その処置には、メリット・デメリットがあるので、
          もし利用の場合には、よく担当と相談することが必要です。
          posted by: nheart-1502 | ニキビ跡 治療 | 22:35 | comments(0) | - |
           
           

          SEO対策テンプレート